2014年5月11日日曜日

転職活動で心を病まない方法について

はてなの増田で興味深いエントリを読んだ。

転職活動で心を病んだ件について
http://anond.hatelabo.jp/20140510231402

このエントリの内容の是非はともかくとして、率直な感想は「すごい数にエントリしてるな」だった。

この人の転職活動の経緯は知らないけど、たぶん転職エージェントに手当たり次第にエントリしろ、と言われたんだと思う。僕もそう言われた経験があるからわかる。

転職エージェントは、求職者が転職先企業に入社が決まってはじめてお金を貰えるビジネスだ。と、なると、エージェントとしても採用される確率の高い人に注力したい。確率の低そうな人は、数で勝負して少しでも確度を高めたい。当たり前の話だと思う。

つまり、エージェントに「エントリ数を増やせ!」と言われたということは、「あなたには一押しできる個性がない」と言われたのと同義だろう。

僕の経験を書く。

最初、転職活動をはじめたとき、とりあえず大手の転職エージェントに複数申し込んだ。ネットで申し込み、個人的な面談を受ける。このときにエージェントに履歴書とか職務経歴書を送るわけだが、当時の職務経歴書ははっきり言って無個性だった。

常駐型ビジネスで、常駐先企業に送るような、「会計システム構築 C# Oracle 200n年〜200n年」みたいなのが羅列されてるやつ。

いろいろなエージェントに言われたのは、「とりあえず50社に書類を送りましょう。それで1割ほど書類選考が通れば儲けものです」ということ。

新卒じゃあるまいし、そんなに書類送る時間あるかよ、と思い、エージェントに頼るのはやめることにした。

このとき、某大手Web企業が大阪に開発部隊を新設する、ということで、エージェントを通さずに直接申し込んだ。

自分の職務経歴書が無個性だということは、エージェントに「数を撃て」と言われたことでなんとなく察していたので、個性を出そうと思った。はっきりと覚えてないが、blogのURL、SNSのアカウント、勉強会やカンファレンスの登壇経験と発表資料のリンク、とかを書いたように思う。

数日して、電話がかかってきた。大手の転職エージェントからだった。曰く、ぼくが直接応募したWeb企業は、かなりの大規模採用だったため、自社で採用活動をまかなえないのでこの転職エージェントに採用業務を委託しているのだという。

電話の内容は、「採用は見送り」というものだった。書類選考だし、メールで合否が来るものと思っていたので、なぜ電話などしてきたのだろうと思ったら、エージェントが続けてこう言う。

「今回、この企業の選考ではスキルがマッチせず採用を見送りました。ただ、あなたの経歴はとても魅力的で、おそらく欲しい企業はたくさんある。なので、引き続きわたしの方であなたの転職活動をお手伝いさせていただきたい」

悪い話ではなさそうだったので、とりあえず会ってみることにした。

面談の場でそのエージェントは、数を撃て、とは一言も言わなかった。実はこのエージェント、最初に数を打て、と僕に言った会社だったのにもかかわらず(当然担当者は別)


そこから、エージェントはものすごく詳細に僕の資料をレビューし、応募先企業も厳選して選択してくれた。

結果的にそのときに紹介された企業に入社が決まった。

職務経歴書に個性を出すのは、やり方しだいでいくらでもできるんじゃないかと思う。特にIT系の仕事なら。

エージェントに数で勝負しろ、と言われたら、方針転換して書類を工夫して、別のエージェントに相談してみるのもいいかもしれない。

以上、僕の経験による「転職活動で心を病まない方法」でした。

1 件のコメント:

  1. Tungsten Titanium Iron - The Tungsten Tungsten Tungsten
    Tungsten Titanium Iron - The Tungsten Tungsten Tungsten citizen titanium dive watch - Titanium Tungsten titanium white wheels - Tungsten is a platinum coated copper alloy core made from zinc titanium dab nail and platinum. The titanium wallet tungsten ford ecosport titanium metal $14.95 · ‎In stock

    返信削除